In Dreams

昨日は大好きなLOSTAGEが新譜を携えてのライブがありました。

場所は新代田FEVER。

会場へ行く車内のBGMはもちろんLOSTAGE

初期はバリバリのギターロックでオルタナ感がビシビシきていたLOSTAGEですが、

最近のは歌モノ曲が多くなってきてました。

私はどちらの LOSTAGEも好きなため、今作も楽しみでした。

一般的な流通方法ではなく、ライブでの物販、五味さんの経営しているThroat RECORDSでのオンライン、オフラインでの販売だけ。

お金儲けを考えたらこの方法は採択できません。

彼らの現代音楽業界に対するアンチテーゼなのか、

音楽に対する新たな可能性を開拓するための方法なのか。

 

ライブから帰る車内はLOSTAGEの新譜「In Dreams」。

家から持ってきたCDプレイヤーにCDをセットして再生。

じっくり聞きたいため、高速を使わず下道を4時間かけて帰りました。

アルバム全体を4周しました。

歌声、サウンドは相変わらずのLOSTAGE節。

歌詞がとても青臭い。

現代社会でいう大人になりきれなかった子供のような歌詞。

昔の夢を見た後の虚無感や切なさ。

そんな感じが伝わってきました。

 

多分20代の小僧が同じ歌詞を歌ってもここまで心に刺さらないと思います。

LOSTAGEは30代後半の立派なおっさんだ。

昨日のMCでも言っていたけど、金もなくて、仕事も潰しが効かなくて、髪の毛もどんどん減っていっている立派なおっさんだ。

そんな彼らが歌うからここまでの作品に仕上がったと思います。

 

ライブの感想は最高の一言です。

こればかりは会場に来て感じないとわからないと思います。

昨日は他にもCBMDとAsparagusとOhato Mountain Roadも出演しましたが、

どのバンドも最高でした。

LOSTAGE以外は何気に初見だったので、物販で買ったCDで聞き込みます。