REM

仕事を辞めたくなる時って誰でもあるらしい。

だけど辞めたくなるタイミングは人それぞれ。

失敗した時、理不尽と感じた時、給料が少ないと思った時、、、etc

私が辞めたくなる瞬間は

「これだっていう音楽に出会った時」

こんな理由かよって思う人もいるかもしれませんがこんな理由です。

今の仕事は内容、待遇、人間関係、将来性等そこそこ満足しています。

人には羨ましがられることもあります。

だけどいい音楽に出会うと辞めたくなります。

明日行きたくないなとかじゃありません。

こんな曲を生み出している人がいるのにおれは何やっているんだとかでもないです。

多分、出会った瞬間で時が止まって欲しいのだと思います。

よくわからないけど。

 

学生の頃から夜型人間で、今もそう。

学生の頃は勝手気ままに夜更かしして、授業中は適当に過ごしていました。

社会人になってサボることもせずに日中仕事をしていても休みの日は夜型になってしまいます。

夜が好きなんです。

同じ空間でも昼と夜は別世界な気がしてそこに留まっていたい。

Bonobosのcruisin cruisinを聴きながら誰もいない屋上で夜景をみたり、

Lostageを聴きながら夜中の駅前のベンチで物思いにふけたり、

ナイトクルージングを聴きながら夜中のハチ公前をふらふらしたり、

多分そんなことが好きなんでしょう。

 

こんなことが好きで自分が思い描いていた立派な大人になれるのか。

自分がなりたい大人になれるのか。

多分なれないと思う。

でもこの感情は無くしたくない。

成長過程で失くしてしまうものだとしても、この感情を失くすと考えると

すごく恐くなる。

自分のアイデンティティだからなのか。

 

もう寝よう。

ミサイルが街に降り注ぐ夢でも見ながら。